生き方

私はあなたのフィロソフィーが好きです

私は昔からあまり人と合わず、というか複数人の集まる場所だとまったく意味がわからず、3人以上で集まると気が散って落ち込むという感じでやってきました。 2人なら、相手の気持ちやその背景にあるいろいろな感情や感覚に寄り添えますが、3人から増えると…

ようやく2月が終わる

こちらは今はまだ2月28日です。 カレンダーを見ながら、ようやく2月が終わるとホッとしています。 今年の2月は、1月に母が無事に日本に帰り、その後の精神的な疲れからリカバリーをするためだけにあるようなものだと始めから思っていました。ようやく…

満月に2通の手紙

今月の初めに、母と姉が無事に実家を出ました。 母は無事に離婚届けも提出し、旧姓に戻りました。 この「無事に」というのを、私はとても心配していました。 引越し当日は、姉が子供達の住んでいるアパートの引越し作業も同時にしなければならずとてもバタつ…

好き過ぎて憎い

先日のこと。 『マッチョ、時々、乙女』な旦那と夫婦会議をしていたら、旦那が私にこう言った。 「本当に、お前が好きすぎて憎いわ」と。 それを聞いて私は、本当にこの人と結婚して良かったと思った。 結婚というより、一緒に生きられて良かったと思った。 …

英語ですが興味のある方へ Healing Cancer World Summit

www.healingcancersummit.com もう始まっていますが、アメリカ時間の(?)17日から23日まで、興味のある人は名前(ファーストネームのみ)とメールアドレスの登録だけで無料で聴ける、ガン治療のエキスパート達におけるHealing Cancer World Summit に…

父と義父

前々回の記事で、私の中に微かに残る父への思いを吐き出したことで、微妙に心の中が変わりつつあります。 ブログって、いろんな使い方があるんですね。(しみじみ) rainbowworld.hatenablog.com記事を書いてから、何かこう悶々としたものがずっと頭の中にあ…

日記

私は18年前のあの日から、ずっと日記をつけている。 rainbowworld.hatenablog.com 今回、母が実家を出て行くにあたり、そしていつかあのことを一冊の本にしたいと思うようになり、実家に置いたままの当時からの日記の数々を、母が居る間に回収しようと思い…

夫婦と家族  

もう10月も1週目が終わろうとしていますね。今年は本当に早い。 日常のいろいろなことに、「これを記事に書くならあぁやって、こうして、、、」などと構想を練っているのですが、なかなか実際書くとなると躊躇する。そしてそのまま、また月日が流れるとい…

ノーペイン でも ゲイン

家族が増えました。 私は以前からカナダ人の同僚に「子供は?」と聞かれると、「旦那が産む」や「今年のクリスマスにサンタが届けるはず」と答えてきました。遠い昔に見たキャンディキャンディのように「クリスマスの朝に、ドアの前に籠に入って置かれている…

お盆だものね

一昨日のこと。どうりで。朝から涙することあるわけです。 お盆ですものね。 嬉しい涙なのだけども。 今は亡くなった大事な人たちに出会えて嬉しいーとか、 あの時あんなに大切にしてもらえて有難いーとか、 今旦那と一緒に生きているそのことが嬉しいーとか…

豊かさ

先日の記事を書いたあと、なんだかまるで長い夢から覚めたような、今までずっと包まれていたシャボンの中から出てきたような、不思議な感覚になった。 そもそもブログを書き始めてからというもの、自分の中で芽生えてきた意識の中に「いつかこのことを一冊の…

彼の死 あの日のこと    後編

お葬式の後、家庭教師のバイトに行った。一日だけ大泣きして休ませてもらったが、受験も間近に迫っていて、生徒とそのご家族にはこれ以上迷惑をかけたくなかった。だけど、もう生きていたくもなかった。 お葬式が終わった途端、自分の役目はもう終わった、と…

彼の死 あの日のこと    前編

あの日のこと。 私が「目に見えないもの」をはっきりと信じるようになったのは、やはり、近くで死を経験したあの頃からだった。 彼の命日は、11月26日。当時私は大学の卒論を書いていた。それを気遣った彼が、クリスマスまでは会うのを控えようと考えて…

いよいよ12月

というわけで、師走でRUN.ゴーゴー。 ほんと年明けから一瞬でここまで来た感がありますが、とりあえずここまででどんな一年だったでしょうか? 私の2016年は『癒す』と決めた年でした。「癒して良い」と気づいたというか。 まずは「自分を癒して良いんだ…

生と死   何を伝えよう

ということで、「伝える」ということに関連して。 「生と死」にまつわる、いろんなかたちがあると思いますが。 今月は私の大切な人の命日がある月でもありますので、触れておこうと思います。 つい先日、知り合いのご家族が亡くなりました。突然の事故でした…

伝えるということ

なんだかすっかり週一ブログになってしまった。このブログを始めた時は時間があったので、もっと頻繁に書いていくものだと思っていたのだけど。 実際は、自分の心の中のことを出すって、やっぱり疲れるんだな、と。 疲れるというより、なんていうか傷つくと…

変化

今日はこちらは11月11日です。新しい変化の日だとか。 Q. あなたは変化を望む? A. ①イエス ②ノー ③変化は怖い ④変化は楽しい ⑤変化に出くわすと怒る 昨日も一昨日も記事を書いては消し、書いてはまた直し、結局書けないので全削除。 「変化前」の心身の…

神客とエネルギーバランス 

Q. あなたのまわりには「化け物」の類の人が、、、 A. ①居る ②居ない ❸化け物だらけ ④天使だらけ ⑤何を言っているかわからない いやー、あぶなかった。 私は時々、「今日はやばい」と感じる日には出勤前に腕立て伏せをする。(毎日しなさいという感じだが。…

あの日の雪 

昨日はつい、思いつくまま2つも記事を書いてしまった。トータル8時間。普通の勤務じゃないかい。 とにかく。こうやってその時思い浮かんでくることを、出来るだけ薄まらないように書きたい。 今日は、ある冬の話。 私には大学時代の親友が2人居る。どちら…

自分の居場所【続・仕事編】

お腹が空いたので、煎餅食べながら。(ボリボリ) 先日のこと。旦那が働いているホテルで、一人の日本人女性が体調不良で倒れてしまって。 丁度その日はオンタリオの消防隊員たちがこぞってそのホテルで会議をしている最中で。その方は、その日丁度そこに居…

自分の居場所 【職場・仕事編】

Q. あなたは『居場所』ありますか? A. ①ある ②ない ③探してる ④ずっと探してる ⑤どこかにあると信じたい ⑥信じる気も失せた 私は限りなく⑥でした。 私はこれまでの人生でどこに居ても「自分の居場所がある」と思ったことがありません。これは自分の中にある…

生きる道 

今回は、前回の記事「シンクロニシティ」の続き。 Q. あなたにはどうしても会いたい人が、、、 A. ①居る ②居ない ③来世でよろしく 私がシンクロニシティに魅了されていく前に、読み始めた本があります。 ブライアン・L・ワイス博士の『前世療法』と『魂の伴…