読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンクロニシティ あなたは気付きますか?

f:id:rainbowworld:20161012122417j:plain

 今回は、シンクロについて。(遊びようがないので、ちょっと真面目に書きます。)

 

 

Q. 「偶然の一致」が起こった時あなたは、、、

 

A. ①やり過ごす ②気にする ③気がつかない ④そんなものは起こらない ⑤鳥肌が立つ ⑥ガッツポーズしちゃう

 

「1970年代後半に生まれた人達は、目に見えないものを信じる傾向にある人が多い」と以前何かの本で読みました。タイトルは何だったかな?思い出せませんが。

 私はもちろん、信じます。中学2年の時、なぜか突然「この世界が目に見えているものだけで成り立っているはずがない」と確信しました。なぜかしら。

 

さて。シンクロニシティについて。

初めて「シンクロニシティ」という言葉と意味を知ったのは、いつもは立ち寄らない本屋に無性に行きたくなったある日のこと。その日は勤務中からなぜかその本屋のことが何度も頭に出てきて仕方がないので、帰り道に寄ることにしました。

いざ本屋に入る直前まで「何で私は今日この本屋に寄ってるのかなー?」と訝しがっていましたが、パッと見るとそこには妙に私を呼んでいる(気がする)1冊の本があり。

( ↓↓ この本でした)

 

 

ずいぶん昔のことなのでうろ覚えですが、シンクロニシティという事象をいくつかの事例をあげて具体的に書いてあるのと、それらに対する著者の見解が書かかれていたと思います。

 

例えば。運転中に突然頭の中に浮かんできた曲がその直後に車のラジオから流れてくる、着信が鳴っただけで電話をかけてきた相手がわかる、相手のことを考えていたらその人から電話がかかってくる、など。中でも私が最も印象に残っているのが「車のナンバー」にまつわる話で、英語圏では車のナンバーを自分の好きな言葉などにできるため、横を通った車のナンバープレートにまさにその時の著者に必要なメッセージが書かれていた、というもの。(ちなみに今日私が目にした車のナンバーは「JOYFUL」と「JOY」でした。つまり私の今日のテーマは「喜び」「成功」。。。まさにそんな意味合いの深い1日でしたよ)

私は数秘学などにも興味があるので、いつでもどこでも数字を目で追ってしまいます。特に対向車や横を通る車のナンバーはもちろん、駐車場にある車のナンバーもいつもチェックしてしまいます。やったことのない人は是非、試しに気にして見てください。自分の目に入ってくるナンバーに、ある規則性があることに気づくはずです。

 

シンクロニシティは他にも、「いつも同じ時間に時計を見ることが多い」「デジタル時計を見るといつも同じ数字が並んでいるのを目にする(11:11や2:22など)」「何度も同じ言葉や特定のメッセージを目にする・耳にする」というのがよく言われています。

 

重要なのは、これらのサインに『気づく』ということなのでしょう。

1度や2度なら「たまたまの偶然」と思えるかも知れませんが、1週間のうちに4回も5回もあると、「何かある」と思いはじめるものですよね。

いろんな書籍を読みましたが、ようするにシンクロニシティには様々なサインが隠されていて、その時の自分に必要なメッセージが見えない存在から自分へと送られているということですね。

 

自分の決断に確信が持てない時や物事のタイミングをうまく測れない時などに意識して周りを見渡すと、案外あらゆるところにメッセージやヒントが隠れているものです。

気づくか気づかないか、というだけで。気づくといろんなものがクリアになってきます。これは決して、自分の外側に答えを見つけるということではないと思います。答えはいつも自分の中にあると思いますが、不安や心配やその他の雑念がその答えから自分の決断を遠ざけることもしばしばありますよね?そんな時に、「あ、私大丈夫だ。」と思わせてくれる何かがシンクロニシティにはあります。

 

何より、シンクロニシティを探し始めると、自分の感度が高まります。単なる「偶然」だけでは済ませられない何かが自分の周りで起こっていると感じ始めたら、自分の直感も冴えてきますし、自分の思考もクリアになります。すると自ずと何かを決断する時も迷わなくなる。つまり、「自分の人生がより自分らしくなる」わけです。人生がシンプルでクリアになると、生きやすくなると思います。

 

ちなみに、この本を読んだ当時の私は感性キレッキレで、着信が先か気づくのが先か、結構な頻度で電話の相手が誰かがわかりました。というのも自分にとって「いつも身近にあって欲しいサイン」が強くあったので、そういうものをいつも探していたからですね。

探し続けていたらいつの間にか多くの書籍を読んでいて、いろんな真理のドアが開けてきました。(私は無宗教です)

自分の人生でいうなら、シンクロニシティの絶妙なアシストもあり旦那との結婚を確信したり、カナダに来てからのたくさんの奇跡とシンクロニシティで移民まで導かれたりと、『今』の自分を作っているそしてこの先も作り続けていく大切なヒントがシンクロニシティでありスピリチュアリティであり。

 

シンクロニシティを意識されたことのない方は、ぜひ探してみてください。面白いと思います。

では。

 

続く⭐︎

 

追記:この本  が読みやすいか?と聞かれるとわかりませんが、「スピリチュアルという言葉に抵抗がある」「こういったことを初めて知る」という方にはオススメです。